食べるを楽しくとは?

食の選択に自分軸を

情報過多で思考停止に陥りがちの「食」の価値観に「自分軸」を持つ。複雑に絡み合う循環の中に組み込まれている私たちは、矛盾や理不尽なことを受け入れなくてはならない一方で、自らの意思で良い流れの一因になることができるはずです。食の選択で能動的に動く人が増えれば、未来の食事情は大きく変わります。

Own Will
選択肢を減らさない

―質の良い食事がしたい、けど手間はかけたくない
―良い食材を選びたい、でも安い方がいい
私たちは常に矛盾する価値観の間で揺れています。矛盾から生まれるギャップをニーズと捉え、適切なタイミングで適切な規模のサービスをつくり、食の選択肢の多様性を維持します。

Diversity
小さな良い循環が続く

だれもが相互に依存する世の中に生きる私たちは、いつだって「お互い様」。私たちは 食べる人(買い手)でもあり、作る人(売り手)でもあり、食をめぐる構成要素(世間)でもあります。良好な関係に基づく小さな食の循環があちこちに生まれる世界を目指しています。

Reconnect

Food with Smile

「たべるを、たのしく」する活動から生まれた商品やサービスです 美味しくて楽しい食の未来を形にしていきます

AS muffin アズマフィン

季節の野菜をほかの食材と組み合わせることで
「え!?」が「わぁ!」に変わる美味しさを創っています

さかなメデリスト

「海の食べるを楽しく」をテーマに様々な活動をしています
誰もが参加できる新しい魚の楽しみ方を提案します

海藻スイーツプロジェクト

笑顔を手渡しできる距離感を大切に
エシカル消費、SDGs…言葉では強すぎるメッセージもお菓子なら、抵抗なく手にすることができます

BLOGS

ブログ一覧