CONCEPT

たべるをたのしくが目指すもの

事業から生まれるアクションが
"良いこと"ではなく"あたりまえ"の世の中になることを目指しています

Own Will

「食」の価値観に「自分軸」を持つ

あふれるグルメ情報と、多種多様な価値観。玉石混交の情報を前にすると、私たちは思考停止に陥ります。情報の波に溺れることなく、主体性ある食の選択をする人をが増えれば、未来の食事情は大きく変わります。

Diversity

買い物の選択肢を減らさない

「丁寧な食事をしたい、でも時間がない」
「良い食材を選びたい、でも安い方がいい」
私たちは常に矛盾する価値観の間で揺れています。矛盾=ニーズと捉え、適切なタイミングで適切な規模のサービスをつくり、食の選択肢の多様性を維持します。

Reconnect

お客様ではなく「お互い様」

複雑に絡み合う循環の中に組み込まれている私たちは、 食べる人(買い手)であり、作る人(売り手)でもあり、食をめぐる構成要素(世間)でもあります。良好な関係に基づく、小さな食の循環があちこちに生まれる世界を目指しています。

"あたりまえ"を目指して

繋がりが見えにくい現在の「食」の在り方は持続不可能なシステムです。頭では何となく分かっていても実感がないと私たちの行動は変わりません。事業を通じて人と自然(食材が生まれてくる場所)を繋げることで 問題解決の一助となります。

意識を変えることも大切ですが たとえ無意識でも具体的な行動が変わることのほうがインパクトは強い。意識が変わらなくても 行動変容に繋がる 商品やサービスをつくり 食の選択肢として存在し続けることを目指します。